求人検索
Concord Executive Group メディカル&ヘルスケア転職

よくある質問

よくある質問 FAQ LIST

ご相談者の皆様から多く寄せられるご質問と回答を掲載しています。ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

PAGETOP

人材紹介会社を活用した転職活動について

転職相談にはお金がかかりますか?
弊社の転職支援サービスは、すべて無料です。クライアント企業様から紹介料を頂戴する仕組みになっております。まずはお気軽にご相談ください。
登録した後は、どのような流れで転職支援サービスを受けられますか?
まずはキャリア面談から始まります。弊社のキャリア支援は、単なるスキルと案件のマッチングではありません。キャリア戦略づくりを経て、ご相談者にフィットした案件をご紹介した上で、入念な選考対策をサポートします。詳しくは、支援の流れをご覧ください。
人材紹介会社を使うと採用企業に紹介料のコストがかかるので使わないほうが有利と聞きますが、実際、いかがでしょうか?
優良企業では、優秀な人材を採用することができれば、その人材一人の力で年間で数千万円単位の利益が得られます。したがって、企業側から人材紹介会社に支払う程度のコストは、あっという間に回収できます。そのような優良企業では、人材紹介会社経由だから不利になるということはまずありません。
どうして人材紹介会社を使うと良いのですか?
端的にまとめると、①幅広い求人情報が得られる、②スケジュール調整を一括して依頼できる、③キャリア支援のプロの視点を取り入れられる、④ハードな条件交渉を代行してもらえる、というような利点があります。
弊社の場合、これらに加えて、「一緒にキャリア戦略を練ることができる」「オファーを勝ち取る選考対策を受けられる」「クライアント企業との強固なネットワークを活用できる」というメリットがあります。
詳しくは、サービスの特徴をご覧ください。
人材紹介会社を使う際の注意点は何ですか?
他の人材紹介会社の中には、短期的なノルマを課すようなマネジメントの弊害やキャリアコンサルタントの質の問題などによって、トラブルが起こっているケースもあります。そのような人材紹介会社のエージェントにあたると、ご相談者は可能性の芽を摘まれてしまいますので注意が必要です。
例えば、準備が不十分な段階の書類を本人の許可を得ないまま多くの会社に応募されてしまったというトラブルは後を絶ちません。
また、その人材紹介会社が親しくしている1社の案件だけ選考ステップにのせられて、他社の話を十分に聞く前に入社を迫られるというケースもよく見られます。
さらには、採用基準を十分に知らないエージェントにあたると、実際にはチャレンジできる経歴にもかかわらず、「その会社にはあなたの経歴では応募できない」と言われて、ご相談者がチャンスを失ってしまうケースもあります。
弊社では、そのような人材紹介とは一線を画し、キャリア支援のプロとして転職サポートをしております。
人材紹介とヘッドハンティングの違いは何ですか?
人材紹介は、ご相談者の立場でキャリアを支援するサービスです。一方、ヘッドハンティングは、企業の立場で人材を探すサービスです。
ある企業が特定ポジションにふさわしい人材を獲得するためにヘッドハンティング会社に人探しを依頼すると、ヘッドハンターは人材をピックアップして企業に紹介します。ヘッドハンティング会社は企業から固定フィーを受け取っているケースが多いため、企業からの依頼枠に必ず誰かを入れなければなりません。そのため、時にはご相談者のキャリアよりも枠を埋めることを優先して、人材を入れざるを得なくなる面があります。(もちろん、企業が特殊な人材を探している場合には、ヘッドハンティングは大変機能するサービスとなります。)
一方、人材紹介会社は、多数の優良案件の中から、ご相談者にとってどのポジションが良いかを一緒に考え、選んでいくというサービスです。
弊社では、あくまでご相談者の立場でキャリアをサポートするために、人材紹介会社として転職活動の支援を行っております。
在職中は忙しくて時間がとれないので、会社を辞めてから転職活動をしても大丈夫ですか?
一般的に、企業の採用担当者は、離職者に対してあまり良い印象を抱かないことが多いのが実情です。そのため、なるべく在職中に活動したほうがよいと言えます。
ただ、現職が忙しく、在職中に転職活動ができないというケースもあります。そのような方のために、様々な転職活動のノウハウがありますので、まずはお気軽にご相談ください。

PAGETOP

メディカル&ヘルスケア業界の未経験者の転職について

未経験でもメディカル&ヘルスケア業界に転職できますか?
応募する職種によって、未経験者が転職できる場合と、転職が難しい場合とがあります。
例えば、メディカル&ヘルスケア系の企業において、経営企画、情報システム、人事、経理などを目指す場合、当業界の経験がなくても応募可能なポジションが多数あります。
また、医療機器メーカーの営業職や医薬品開発受託機関CROの臨床開発モニター(CRA)職では未経験者の採用も行っています。
詳しくは、弊社のキャリア相談にお問い合わせください。
営業職や研究職以外の職種にはどのようなものがありますか?
会社の経営戦略を立案する経営企画部門や、新商品・新サービスの企画立案を推進するマーケティング部門をはじめ、財務・総務・人事、情報システム部門など企業経営を支える部門において求人があります。
成長市場であるメディカル&ヘルスケア業界には多数の求人職種がありますので、最新の案件は求人情報を参照ください。
他業界からの転職でも、メディカル&ヘルスケア業界への転職で経営者のポジションを目指せるのでしょうか?
目指すことは可能です。
一つは、コンサルティングファームで経営まわりの知識とスキルを身につけてから、メディカル&ヘルスケア業界のマネジメントに参画するというルートがあります。
実際、弊社でも多数の実績を持っています。
また、外資系企業を中心に行われているリーダーシッププログラムに応募するというルートもあります。
これは、異業界からハイポテンシャル人材を採用して次期経営者を育成するプログラムで、MSDや参天製薬などが力を入れています。
但し、人材育成の手法やキャリアパスなどは企業によって異なります。
適切なルートを見極めるには、その方のバックグランドやご志向について検討が必要です。
コンサルタントからメディカル&ヘルスケア業界へ転職する人が多いのはなぜでしょうか?
メディカル&ヘルスケア業界で活躍されているポストコンサル(コンサルティングファームご出身者)は大勢いらっしゃいます。
ポストコンサルの転職先としてメディカル&ヘルスケア業界が人気なのには以下のような理由があります。

  • コンサルバックグラウンドを活かせるポジションが多い。
  • 医療という社会貢献性の高い事業に携わることができる。
  • 新薬や新しい医療機器、バイオ技術のほか医療×ITなど、イノベーションを起こしやすい分野である。
  • 市場自体が成長を続けており、高い報酬が望める。

社会貢献やイノベーションに高い関心を寄せているポストコンサルタントは多くいらっしゃいます。
また一般の事業会社への転職の場合、報酬が下がる場合もある中、メディカル&ヘルスケア業界には比較的高い報酬を確保できる企業が多いのが特徴です。
以上のことからポストコンサルとメディカル&ヘルスケア業界は非常に親和性が高く、結果として、ポストコンサルの転職先として人気が高い業界となっています。

年収の相場感を教えてください。
メディカル&ヘルスケア業界の年収水準は他業界と比べて非常に高く、外資系製薬会社の経営企画では、年収2000〜3000万円のポジションも珍しくありません。
参考としての年収水準は、当サイトのキャリアガイド内で記載しています。詳しくは、以下を参照ください。

学歴は転職に影響しますか?
影響する場合と、さほど影響しない場合とがあります。
営業職のポジションでは、高い売上実績やクライアント企業のネットワークがあれば、特に学歴は問われません。
一方、製薬会社や医療機器メーカーなどの研究職または開発職では、学歴条件が厳格です。
研究職では医学・薬学系の博士号、開発部門では薬学系または理学系の修士号以上が必要となります。有名大学出身者を求める傾向があります。
英語力は必要でしょうか?
世界的な事業展開が多いメディカル&ヘルスケア業界では、グローバルカンパニーを中心に、実務において英語が求められるケースが増えてきています。
外資系企業では、業務上のコミュニケーションツールとして英語が必須になることも多く見られます。
そのため、多くの企業では、応募条件としてTOEICで850点以上を求めています。
日系企業においても、海外事業やM&Aなどによって、英語が徐々に求められるようになっています。
特に、マネジメント職や研究職では、カウンターパートが外国人の場合や、M&A先が外資系企業の場合も珍しくなく、英語が必須となるプロジェクトも出てきています。
営業関連職では、英文資料を翻訳なしに読むことができれば、先んじて海外製品の理解を得られ、その分営業活動を有利に進められるといったメリットもあり得ます。
試験について教えてください。
SPIやGABなどの適性試験が課せられることがあります。
近年、ペーパー試験ではなくWEB試験を取り入れる企業も増えており、試験スタイルへの“慣れ”も求められます。
事前準備をせずにこれらの試験に臨み、本来持っている力を十分に発揮できなかったという場合が非常に多くあります。
企業によってどのような対策が必要なのか、事前に情報収集し、対策をしっかり行うためにも、詳細は弊社のキャリア相談にお問い合わせください。
もっていると良い資格はありますか?
総じて、資格よりも実務経験が重視されています。
但し、MR(営業職)のように、認定資格や普通運転免許証が必須の場合もあります。
応募に際しては、弊社のキャリアコンサルタントにご相談ください。
ワークライフバランスはいかがでしょうか?
メディカル&ヘルスケア業界のワークライフバランスは、他業界と比べて良好と言われています。但し、職種によって状況は異なります。
例えば、製薬会社の経営企画/マーケティング職のワークライフバランスは比較的良好です。
成長市場における中長期的な取り組みとなるため、業務のバランスがとりやすいと言われています。
また、医療機器メーカーの営業職はインセンティブが非常に高く設定されており、ハードワークとのイメージを持たれていることが多いのですが、セルフマネ ジメントによってワークライフバランスを整えることは十分に可能です。
製品フォローや営業活動のために手術に立ち会う(オペ立ち)ため、休日や深夜の緊急手術に立ち会うことも珍しくありませんが、外資系企業を中心 に、直行直帰が認められており、自分でマネジメントしやすい環境である企業が多くなっています。

PAGETOP

メディカル&ヘルスケア業界の経験者の転職について

今はMRですが、メディカルカンパニーの経営に興味があります。しかし、経営の知識も経験もありません。どうやって勉強すればよいでしょうか?
経営について学ぶためには、経営に関する業務経験を積むことがもっとも効果的です。
オーソドックスな方法として、コンサルタントなど経営に関する業務経験を積める職業へ転身する方法が考えられます。
その場合、一度、コンサルティング業界に転身する形となりますが、経営に関する実務経験を積んだ後でメディカル&ヘルスケア業界に戻ることで、経営者への道が開かれやすくなります。
弊社では多数の実績がありますので、詳しくは弊社のキャリアコンサルタントにご相談ください。
メディカル&ヘルスケア業界内で、現在の業種を変えて転職することは可能でしょうか?
幾つかのパターンがあります。
営業職では、製薬会社から医療機器メーカーへの転身は可能です。逆に、MR認定資格の必要性から、医療機器メーカーから製薬会社への転職はあまり見られません。
また、経営企画職では製薬会社と医療機器メーカーの間での転身が可能で、薬事申請職では製薬会社からCROへの転身が可能です。
その他、医療×ITは幅広く受け入れています。
年収をアップさせるにはどうすればよいでしょうか?
一般的に、外資系企業は日系企業よりも年収水準が高く設定されています。
そのため、日系企業に在籍している方であれば、外資系企業に転職することで年収をアップさせることが可能です。但し、英語力が求められます。
また、営業職では、着実に成果を挙げて支店長レベルに到達すると、年収が数千万円近くになることも珍しくありません。
実績を積み重ねることが年収アップの近道となります。
適切な転職のタイミングはありますか?
職種を変える場合は、年齢が若いほうが望ましいと言えるでしょう。実際、ポテンシャル採用が行われるのは20代です。
また、市況を見て動くという視点が重要です。
人材市場が良好なときに転職すると、募集ポジションも多く、好条件での転職が可能になります。
人材市場の動向に関する詳しい情報は、弊社のキャリアコンサルタントにご相談ください。
同業界内での転職の場合、自主応募ではなく人材紹介会社経由にするメリットはあるのでしょうか?
人材紹介会社では、中長期的なキャリア戦略の構築や選考に向けた実践的な対策支援をはじめ、内定の際の年俸交渉や内定後のフォローまで行っています。
世の中にオープンにされていない求人案件の情報や、人材市場の動向について最新情報を得られることも大きなメリットになります。
また、同業界内での転職ということで、知人経由で転職しようとする方もいらっしゃいますが、その場合は、年収交渉がしづらい、内定が出た場合に断りづらいといった点に留意が必要です。
なお、人材紹介はご相談者にとって無料のサービスですので、どうぞご安心ください(詳しくはこちら)。

PAGETOP

運営会社:コンコードエグゼクティブグループについて

御社にはどの程度の実績があるのでしょうか?
コンコードエグゼクティブグループは、グローバル企業、メディカル系企業への転職支援で豊富な合格実績をもちます。その結果、2010年に企業の採用担当者が選出する日本ヘッドハンター大賞のコンサルティング部門において日本一となる初代MVPを受賞しました。詳しくは、記事をご覧ください。
御社のキャリアコンサルタントは、どのようなバックグラウンドをおもちですか?
コンコードエグゼクティブグループは、コンサル・投資銀行出身者を擁するキャリア支援のプロ集団です。コンサルティングファームのパートナーや事業会社の経営幹部に強いネットワークをもつことも大きな特徴です。詳しくは、コンサルタントプロフィールをご覧ください。
御社のサービスは、他の人材紹介会社のサービスと比べて何が違うのですか?
弊社には、他の人材紹介会社と一線を画する3つの特徴があります。
1つ目は、単なる「スキル」と「案件」のマッチングをしているのではなく、「キャリア戦略」の設計から支援している点です。弊社は、ご相談者が望む人生を着実に手に入れていただけるよう「キャリア戦略」を重視しております。
2つ目は、オファーを勝ち取る選考対策です。コンサル・投資銀行出身のキャリアコンサルタントが綿密な選考対策をサポートしております。
3つ目は、コンサルティングファームの経営幹部が耳を傾ける信頼関係です。採用企業から日本一に選出された弊社が、独自のルートでご相談者を力強く後押しします。
詳しくは、サービスの特徴をご覧ください。
平日は日中仕事で面談の時間がとれないのですが、どうすればよいですか?
平日は、日中のみならず、早朝や仕事帰りの遅い時間も対応可能です。
また、土日祝日の面談も承っておりますので、ご都合のよい時間をご相談ください。
地方在住/海外在住ですが、転職相談に対応してもらえますか?
対応しております。普段はSkypeや電話で打ち合わせや面接対策をして、東京にお越しになるタイミングで対面での面談や面接対策などのサポートをしております。地方・海外在住の方も多数の合格実績があります。
現在も地方・海外在住の方のキャリア支援を多数サポートしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
海外でMBA留学中ですが、転職相談に対応してもらえますか?
対応しております。弊社では、MBA留学中の方を多数支援しております。事前にSkypeや電話で打ち合わせや面接対策などの準備をして、夏休みや冬休みなど休暇に入って一時帰国されるタイミングで、面接をまとめて受けていくというケースが多いです。
海外(東南アジア)で働きたいと考えていますが、そのような転職相談にも対応してもらえますか?
東南アジアで働くというキャリアは、今後、ますます魅力的なオプションになっていくと見られます。ただ、現時点では、日本の年収水準を保ちながら東南アジアで働くのはなかなか難しいのが現実です。一方、海外進出する日本企業は多々見られます。そのため、現時点では、海外進出に積極的な日本企業に入って東南アジアで活躍する方がベターな選択肢と言えます。そのような求人案件についても積極的にご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください。
転職を急いでいるのですが、短期間での転職希望にも対応してもらえますか?
はい。お急ぎの方には、ご希望の時期に転職ができるようご支援致します。
もちろん、時間がないからと言って、単なる案件のマッチングに終始するようなことは致しません。
短い準備期間であっても、しっかりとご相談者のご希望、適性に応じ、転職後のキャリアまで考慮したご支援を致します。
尚、お急ぎのご希望がある場合は、ご登録時にその旨お伝え下さい。
企業や求人案件により選考スピードに差がありますので、予めお伝え頂けるとよりスムーズにご希望に沿ったご支援をすることができます。

問題が解消されない場合、ご不明点がある場合はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら